京都大会でナイター試合 



全国的に記録的な猛暑が続く中、
京都大会では試合時間を変更して、ナイターで試合が行われました。

選手はもちろんのこと、審判やスタンドで応援する生徒さんたちの
健康面を最大限考慮するならば、こうした措置もあってしかるべきです。

今後は各地でナイターによる試合が増えていくのでは?
と思います。



日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201807230000825.html

京都大会でナイター試合、記録的猛暑で健康面を考慮

<高校野球京都大会:立命館宇治6-5鳥羽>23日◇準々決勝◇わかさスタジアム京都
 京都大会準々決勝の4試合目、鳥羽-立命館宇治がナイター試合で行われた。午後10時30分を過ぎても戦いが続いた一戦。立命館宇治が延長11回表に勝ち越し、6-5で勝った。試合終了時間は午後10時37分だった。
 この日、当初は午前8時30分から順に4試合が行われる予定だったが、最近の記録的猛暑による選手や審判の健康面が考慮された。
 第3試合が午後1時30分、第4試合が午後4時開始の予定だったが、第2試合の後に休憩時間をはさみ、第3試合を午後4時、第4試合を午後6時30分開始に遅らせた。第3試合が長引いたこともあり、第4試合は午後7時1分に開始されていた。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たきざわ

Author:たきざわ
高校〜大学で野球部に在籍し、その後、スポーツ用品販売会社の営業マンとして高校野球の現場に長く精通した経験を活かし、高校野球の活動を経済学や会計学の観点から理解する事の重要性を父母の皆さんや高校野球の指導者の方々にお伝えしています。
高校野球はお金が掛かるのです! 
それを理解し、正しく部活動を運営するために、知っておかなければならないことを本ブログでまとめています。

松商学園高校:硬式野球部出身
日本体育大学:硬式野球部出身


最新記事
カテゴリ
訪問者数
FC2ランキング
お問い合わせ
検索フォーム