近年は実力拮抗の高校野球



大阪桐蔭の優勝に終わった大会となり、
戦前からの予想通り、やっぱり大阪桐蔭が強かった、、、、
と思う人が多いことでしょう。

確かに大阪桐蔭は強いです。
それでは他のチームはどうでしょうか?

秋田県の金足農業が準優勝したように、
近年の高校野球は、東西地区の実力差が拮抗しています。

甲子園では組み合わせの運、不運もありますが、
実力校、有力校ですら、1回戦を勝ち抜けず、初戦敗退してしまいます。


今大会で、有力高校で初戦敗退したチームをあげてみます。


明石商業

花巻東

創成館

敦賀気比

鹿児島実業

鳴門

智弁和歌山

近大附

聖光学院

山梨学院

作新学院

佐賀商業

広陵

仙台育英


というところです。

特に、、、、

花巻東

智弁和歌山

聖光学院

山梨学院

作新学院

広陵

仙台育英



は、いつも甲子園で上位に進むイメージがあり、
甲子園で1つか2つは普通に買っている強豪というイメージがあります。

それらのチームですら、初戦敗退するのですから、
今後の甲子園大会はますます地域差が拮抗してくるので
どこが優勝するのか? ますますわからなくなってくると思います。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たきざわ

Author:たきざわ
高校〜大学で野球部に在籍し、その後、スポーツ用品販売会社の営業マンとして高校野球の現場に長く精通した経験を活かし、高校野球の活動を経済学や会計学の観点から理解する事の重要性を父母の皆さんや高校野球の指導者の方々にお伝えしています。
高校野球はお金が掛かるのです! 
それを理解し、正しく部活動を運営するために、知っておかなければならないことを本ブログでまとめています。

松商学園高校:硬式野球部出身
日本体育大学:硬式野球部出身


最新記事
カテゴリ
訪問者数
FC2ランキング
お問い合わせ
検索フォーム