大船渡の佐々木投手が注目



東北の快速投手として今年の春頃から
注目されていたのが、、、、


大船渡・佐々木投手


U18代表候補にも選ばれていた逸材です。


150キロ超えはもはや普通のうで、
この冬を乗り越えたらどこまで成長するのか?楽しみです。


もし、岩手県大会を勝ち抜き、東方区大会で上位に進出した場合、
来春センバツ出場が見えて来ますので、
この秋は、佐々木投手が投げるたびに全国紙が取り上げることでしょう。




日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201809160000384.html

大船渡・佐々木 球場表示「163キロ」にどよめき

<高校野球秋季岩手大会:大船渡5-0盛岡三>◇16日◇1回戦◇金ケ崎野球場
大船渡のエース右腕・佐々木朗希投手(2年)が、自己最速を3キロ更新する157キロをマークした。
1回裏2死満塁のピンチに、157キロの直球で二ゴロに抑えた。2回裏には、球場表示で163キロ。超満員の観客からは「こりゃあ、うそだろ」。157キロ同様に、どよめきが起こった。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たきざわ

Author:たきざわ
高校〜大学で野球部に在籍し、その後、スポーツ用品販売会社の営業マンとして高校野球の現場に長く精通した経験を活かし、高校野球の活動を経済学や会計学の観点から理解する事の重要性を父母の皆さんや高校野球の指導者の方々にお伝えしています。
高校野球はお金が掛かるのです! 
それを理解し、正しく部活動を運営するために、知っておかなければならないことを本ブログでまとめています。

松商学園高校:硬式野球部出身
日本体育大学:硬式野球部出身


最新記事
カテゴリ
訪問者数
FC2ランキング
お問い合わせ
検索フォーム