盛岡大付が3回戦敗退  



岩手県大会で波乱がおきました。

優勝候補筆頭だった


盛岡大付


が破れました。


一関工4-3盛岡大付



準決勝で大船渡とぶつかるはずと思いましたが、、、

高校野球は本当にわかりません。




日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201907180000690.html

盛岡大付3回戦で姿消す 今春センバツ出場校/岩手

一関工4-3盛岡大付

今春センバツ出場校で、岩手大会の優勝候補だった盛岡大付が3回戦で姿を消した。
昨秋県大会では大船渡・佐々木朗希投手(当時2年)を10安打7得点と攻略し勝利した。その強力打線が振るわず、まさかの早期敗退となった。
この夏はともに順調に勝ち進めば、大船渡と準決勝で対決する可能性があった。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たきざわ

Author:たきざわ
高校〜大学で野球部に在籍し、その後、スポーツ用品販売会社の営業マンとして高校野球の現場に長く精通した経験を活かし、高校野球の活動を経済学や会計学の観点から理解する事の重要性を父母の皆さんや高校野球の指導者の方々にお伝えしています。
高校野球はお金が掛かるのです! 
それを理解し、正しく部活動を運営するために、知っておかなければならないことを本ブログでまとめています。

松商学園高校:硬式野球部出身
日本体育大学:硬式野球部出身


最新記事
カテゴリ
訪問者数
FC2ランキング
お問い合わせ
検索フォーム